ぼく、さびしくなっちゃった…~子育てのヒント♡子どもが泣くわけ~

「ぼく、さびしくなっちゃった…」

元気よく遊ぶ子どもたちの中で、ぽつんとひとり泣く子がいる。

子どもたちとの毎日で、よく見かける光景です。

そんな時大人は、

「どうしたの?」とか、
「どうして泣いてるの?」と聞いてみたくなるものですが、

言葉はいらないんです💕

せんせいやお母さんもしゃがんで、
その子を優しく膝にのせて、
ギュ~って両手で包んであげてみてください。

それだけで、
その子の涙は止まるし、
ゆっくり笑顔になっていきます

しばらく抱っこしたあとに、
「もう大丈夫?」と聞くと、
「うん♪」と笑って、

元気に遊んでいる子どもたちの中へ
走っていきます

子どもたちの心って、真っ白で、やわらかい。

その柔らかさに触れるたび、
自分もそうありたいな…と、

せんせいやお母さんにも、
優しい気持ちが生まれます

すぐに泣いてしまう子や、
メソメソ…シクシクが長引く子どもたちは、
自分がなぜ泣いてしまうのか、なぜ涙が出てしまうのかわからないで泣いていることがよくあります。

大人でも、
感情のコントロールがうまくいかない時がありますよね。

ただ…寂しい。
ただ…会いたい。
ただ…そばにいてほしい。

そんな時が
子どもたちにもあります。

優しくそばにいてあげてください💕

横山 人美

Keep Smiling代表。
パーソナリティーコンサルタント。講演・セミナー講師。各種メディア執筆やテレビ出演なども。発達障害との前向きなかかわり方や、子育てに応用できる心理学をお伝えしています

個別コンサルティングのご案内

こんなご相談におこたえします
・子育て、勉強法
・お子さんの発達障害について
・大人の発達障害について
・いじめ問題
・職場の人間関係
・男女の心理について

※メール・メッセージでのご相談は受け付けていません。お電話、無料通話でのご相談は、メールにてご予約いただき、詳細をお伝えいたします。入金確認後のコンサルティングとなります。

個別コンサルティングのお申し込み・お問い合わせ

悩まれている方へ届くようシェアいただければ嬉しいです