その人の気になるところや弱い部分への忠告を、面と向かって言えないことを「悪口」といいます。

誰もが一度は気にしたり、傷ついたりする
「悪口」や「陰口」

そして、誰もが一度は言った経験があるものでもあります。

「悪口」「陰口」の多くは、
その矛先となる人がいないところで繰り広げられて、
あることないことへとエスカレートしていきます。

仲良しの関係にヒビが入ったり、
仲間外れの原因になったり…

ちっともいいことなんかないビックリマーク

それがわかっているのに、
寄って集って心ない言葉を積み上げていく。

SNSがなかったころは、みんなで集まってヒソヒソ話だったのが、
今はネットワークの中で、顔まで隠して人を傷つけて平気な人がたくさんいます。

時が流れ形が変わっても、そんな人に共通していることは…

*ひとりじゃ何も言えない(グループに依存)
*自分の力では這い上がれない(人の足をひっぱったり、揚げ足をとったり)
*悪口を率先して言うことで、輪の中心にいて皆から注目されていたい。

などの心の働きです。

悲しく寂しい心だと思いませんか?

そして、悪口の矛先が向いて、
苦しんだり、悲しんだりしている人はいませんか?

私が高校生の頃、
同じクラスの女の子に言われて今でも覚えている言葉がありますクローバー

「ひとみちゃんてさ、どこのグループにも入らないけど、人の悪口も言わないよね。
そういうのって、いいねラブラブ

特に意識したわけではありませんが、
たまたま、そうしているのが心地よかったんだと思います。

友だちに恵まれて過ごした高校生活は、
今でもいい思い出がいっぱいです音譜

言われても言い返さない、
仲間に入らない。

そして、悪口が届かないくらい
駆け抜けて、先を行く。

足なんか引っ張らせません(笑)

その人の気になるところや弱い部分への忠告を、
面と向かって言えないことを「悪口」といいます。

言いたいことがあるなら、
その人の目を見て、はっきり言いましょう!!

悪口や陰口は、言えば自分に返ってくるという不思議な性質がありますよウインク

横山 人美

Keep Smiling代表。
パーソナリティーコンサルタント。講演・セミナー講師。各種メディア執筆やテレビ出演なども。発達障害との前向きなかかわり方や、子育てに応用できる心理学をお伝えしています

個別コンサルティングのご案内

こんなご相談におこたえします
・子育て、勉強法
・お子さんの発達障害について
・大人の発達障害について
・いじめ問題
・職場の人間関係
・男女の心理について

※メール・メッセージでのご相談は受け付けていません。お電話、無料通話でのご相談は、メールにてご予約いただき、詳細をお伝えいたします。入金確認後のコンサルティングとなります。

個別コンサルティングのお申し込み・お問い合わせ

悩まれている方へ届くようシェアいただければ嬉しいです