踏み出す一歩が地面につくまで。

長い間、家から出られずに

生まれてきたこと、家族の存在、自分の存在、そして、世の中さえも否定し続けていた男の子がいました。

突然かかってきた電話で駆けつけ、

荒れた家の中で、父親の胸ぐらを掴み、
やり場のない苦しさをぶつける彼を止めに入った時

その力の強さに、幼かった頃の彼の姿を重ねて、

「大きくなったね」という成長の喜びと、そこへ辿り着くまでに彼の中で育った苦しみを初めて知りました。

あれから何ヵ月もの間、
彼も、家族も苦しみのどん底から抜け出せず、
何度も流す涙を傍らで見てきました。

そんな彼が昨日、ちょこっと私の横に座って
呟いた一言。

「これから先のことを考えると不安でしかたない…。」

ん?…。今、何て言った?

「これから先のことを考えると不安でしかたない…。」

光が見えた~爆笑!!爆笑!!爆笑!!

何を言ってるの?
まだ、彼は苦しいんじゃないの?
と、思われた方へ解説クローバー

自分の目標ややりたいことに向かって
不安や、怖れを感じるからと言って、
進めていないわけではないのです。

そもそも、自分が安心できる領域に
ずっと停滞していると、不安や怖れを感じることもなくなってしまいます。


不安や怖れも自分が進んでいる、
あるいは、進もうとしているサインです。

過ぎてしまった過去ばかりを見つめ、

神様でも直すことのできない、
どうにもならない過去に苦しみ、
その過去が今の自分を作ってしまったと責め続けた毎日の中で…

今の彼は、確実に前を見ている合格

そんな嬉しい一言をプレゼントしてくれた彼を誘って、
昨日は、久しぶりに、みんなで食事をして、
カラオケも行ってきました音譜音譜

プライバシー保護のため、我が家の画像で失礼いたします(笑)

伸びやかな声で歌う彼の横で、
父親が涙を拭った歌はこちらです
ラブラブ

とっても優しい光景でした。

「今が長いトンネルの中だとしたら、どの辺りにいるかな?」

「よくわからないけど、真ん中より少し出口の方かな?」

「出口の光は見える?」

以前、こんな会話をしたことを思い出しました。

今、同じ質問をしたら、
どんな風に答えてくれるのかな…?

記事を読んで、安易にこう考えるのは単純すぎる…
という方もいらっしゃるかもしれません(((^^;)

どんな困難も、一朝一夕には解決しません。
時には、逆戻りの日もあるでしょう。

それでも、嬉しい1日が確実に存在したことを大切にし、
彼の踏み出そうとしている大きな一歩を
素直に喜べる大人でいたいと思っています。

横山 人美

Keep Smiling代表。
パーソナリティーコンサルタント。講演・セミナー講師。各種メディア執筆やテレビ出演なども。発達障害との前向きなかかわり方や、子育てに応用できる心理学をお伝えしています

個別コンサルティングのご案内

こんなご相談におこたえします
・子育て、勉強法
・お子さんの発達障害について
・大人の発達障害について
・いじめ問題
・職場の人間関係
・男女の心理について

※メール・メッセージでのご相談は受け付けていません。お電話、無料通話でのご相談は、メールにてご予約いただき、詳細をお伝えいたします。入金確認後のコンサルティングとなります。

個別コンサルティングのお申し込み・お問い合わせ

悩まれている方へ届くようシェアいただければ嬉しいです