指に巻いた絆創膏

あれ?
指…どうしたの?

おかあさんが怒ってね、
大きい声を出して、本棚が倒れてきたから、
押さえたら痛くなった…。

おかあさんの攻撃をよけたら、
「お前は大したヤツだな‼」って、
言われたんだよ…と、
とっても不自然な笑顔で答えました。

その日以来、
先生から離れないこの子は、
毎週その指に絆創膏を巻いてきます。

深い傷があるのは心。

あの日、あのタイミングで、
先生に優しく声をかけられたことが、
どれだけこの子を救ったことでしょう。

絆創膏は、
今日も私の話を聴いて…という
可愛く切ない心の叫びです。

家の中で居場所をなくした子どもたちに出会う機会が、
5年…3年単位で増え続けています。

なぜでしょう。

複雑で情報が溢れる社会の中で、
本当に迷子になっているのは、
子どもたちではなく、
おとうさんやおかあさんだからです。

本棚を倒したおかあさんは悪くないのです。

心配事や問題を抱えて、

人に話せず、ひとりぼっちになり、

ネットの世界に入り、

大量の情報の波にのみ込まれている状態が
良くないのです。

おとうさん、おかあさんへ

目の前にいるお子さんの
指に巻かれた小さな絆創膏に
気がついたことがありますか?

ちょっとだけ、しゃがんで目線を合わせ、
ゆっくりお子さんに向かい合う時間を
作りませんか?

時間がないというならば、
1日に1回、3分でいいのです。

じっとお子さんだけを見つめて、
話を聴いてみませんか?

そこから始めてみませんか?

話して楽になることが、たくさんあります。誰にも話せない…聴いて‼は、こちらから

横山 人美

Keep Smiling代表。
パーソナリティーコンサルタント。講演・セミナー講師。各種メディア執筆やテレビ出演なども。発達障害との前向きなかかわり方や、子育てに応用できる心理学をお伝えしています

個別コンサルティングのご案内

こんなご相談におこたえします
・子育て、勉強法
・お子さんの発達障害について
・大人の発達障害について
・いじめ問題
・職場の人間関係
・男女の心理について

※メール・メッセージでのご相談は受け付けていません。お電話、無料通話でのご相談は、メールにてご予約いただき、詳細をお伝えいたします。入金確認後のコンサルティングとなります。

個別コンサルティングのお申し込み・お問い合わせ

悩まれている方へ届くようシェアいただければ嬉しいです