僕の気持ちを誰か受け止めて

思春期の子どもたちが、
自分でどうすることもできない気持ちを、
物にぶつけたり、家族に手をあげてぶつけたりする場面では、

家中の物が散乱し、壊れ、
家族の気持ちの中には、
双方の悲しみと無力さだけが残ります。

怒りをぶつける彼らに、
家がめちゃくちゃだとか、殴られて痛いとか、大人が一緒になって騒がずに、
まずは、抱きしめてあげてほしい。

思春期だって、身体が大きくたって、
人生始まったばかりの、
みんなかわいい子どもたち。

おとうさんやおかあさんが大好きなのに、
僕がこんなに辛くて悲しいのに、

「どうしてなにもしてくれないの‼」

と叫んでいます。

怒りは、
「わかってほしい」
「助けてほしい」
「愛してほしい」
「受け止めてほしい」
の裏返し。

怒りを感じながら、どうする術もなく、
子どもたちは、自分を責め続け迷っています。

割れたコップがどうした?
壊れた机がなんだ!

正しく目を向けるべきは、
わが子が耐えて闘い続けている苦しみと
これから先の未来です。

過去を責め続けても解決できません。

親である私たちは、
変わってしまったわが子から、
一番最初に逃げてはいけないのです。

思春期の子どもたちが、
自分でどうすることもできない気持ちを、
物にぶつけたり、家族に手をあげてぶつけたりする場面では…

大人である私たちが、

あらゆる子どもの姿を、
きちんと「許す」ことが、
悲しみや無力さを改善する、最善で最短の道ような気がします。

そして…
物や家族に当たってしまった君へ。

子どもの幸せな笑顔を望まない親はいません。

おとうさんとおかあさんもまた、
君と同じく、苦しみながら、
それでも「家族」を守ろうとしています。

君を見ながら、心配しながら、
それでも、どうしたらいいかわからずに
悩んでいる今を「許して」あげてほしい。

おとうさんもおかあさんも、
そして、君も…誰も悪くない。

横山 人美
Keep Smiling代表。
パーソナリティーコンサルタント。講演・セミナー講師。各種メディア執筆やテレビ出演なども。発達障害との前向きなかかわり方や、子育てに応用できる心理学をお伝えしています

個別コンサルティングのご案内

こんなご相談におこたえします
・子育て、勉強法
・お子さんの発達障害について
・大人の発達障害について
・いじめ問題
・職場の人間関係
・男女の心理について

※メール・メッセージでのご相談は受け付けていません。お電話、無料通話でのご相談は、メールにてご予約いただき、詳細をお伝えいたします。入金確認後のコンサルティングとなります。

個別コンサルティングのお申し込み・お問い合わせ

悩まれている方へ届くようシェアいただければ嬉しいです