『めんどくさい』という言葉

子どもに郵便局へ払い込み用紙を持たせ、
支払いを頼んだ時のこと。

帰ってきた息子が残念そうに…

「受け付けてくれた職員の男性に、

『めんどくせ~な…』

と、小声を呟きながら取り扱われた…」と、
一言。

それを聞いた私は、

「子どもだと思って…バカにした?‼ハァン❗」

と、思わず郵便局へ歩きだそうとしました(笑)

が、ちょっと作戦変更。

『めんどくさい』について、
少し考えることにしました。

できるのに、
するのが嫌だ…

できないから、
するのに自信がない…

あれもこれもたくさんあって、
どれから始めたらいいのかわからない…

こんな時に、
人は『めんどくさい』と思ったり、
言葉にしたりします。

どれをとってみても、
やらなければならないことがある』
には、変わりありません。

この郵便局の男性は、

本当にこの仕事が好きなのかな?
払い込み用紙の処理が苦手分野なのかな?
たまたまたくさんの仕事が重なったのかな?

さまざまなことが考えられます。

仕事…。

やらなければいけない』
ではなく、
『やりたいこと』
に変えて向かう姿勢は、とても大切なこと。

そして、
『やりたいこと』
をしている姿は、

人として何よりも誇らしく、
そして、美しいです。

やりたいことができることに感謝して、
コツコツと続けること。

そうしたら、もう、
『めんどくせ~な』は、いらなくなりますねおんぷ

横山 人美

Keep Smiling代表。
パーソナリティーコンサルタント。講演・セミナー講師。各種メディア執筆やテレビ出演なども。発達障害との前向きなかかわり方や、子育てに応用できる心理学をお伝えしています

個別コンサルティングのご案内

こんなご相談におこたえします
・子育て、勉強法
・お子さんの発達障害について
・大人の発達障害について
・いじめ問題
・職場の人間関係
・男女の心理について

※メール・メッセージでのご相談は受け付けていません。お電話、無料通話でのご相談は、メールにてご予約いただき、詳細をお伝えいたします。入金確認後のコンサルティングとなります。

個別コンサルティングのお申し込み・お問い合わせ

悩まれている方へ届くようシェアいただければ嬉しいです