おかあさんに耳元で『死ね』と囁かれたことがありますか?

信じられないことだけど…

おかあさんとふたりで生きていて、耳元で、毎日『死ね』と囁かれている…

そんな環境にさらされている子が、
それでもなお、
おかあさんの悪い話をされるのが嫌で、
聞きたくなくて…

『帰ろう、帰ろう‼』
目の前で、
おばあちゃんの手を引っ張っています。

おばあちゃんは、
そのおかあさんのお母様。

実の娘にどうすることも出来ず、
まるで他人事のように
娘のことを話し続けます。

『家に戻ると、この子を1階に置いて、
自分は(娘は)2階の部屋に入って出てこないんです』

支援学級にいるこの子に、

『何度も耳元で『死ね』と言うんです』

と…。

私の毎週土曜日の朝は、この子とふたりきりのレッスン日🌠

レッスンが始まるとすぐに、
「おかあさん、迎えに来てくれるかな…」
と、何度も気にすること。

レッスン中の生あくび。

あたたかい部屋で
「寒い…寒い…」と、言うこと。

レッスンが終わりに近づくと、
「おかあさん、僕を忘れてないかな?」
と、ソワソワ…。

「忘れるわけないよ」
と、なだめても、

「いや…わからない。
ぼくを忘れちゃって来ないかも」
と、真顔で心配していること。

宿題もしていない。
鉛筆も消しゴムもない。

そうだったのか…。

全てが繋がった瞬間でした。

初めて教室に来てくれた日に、

「6年生になるから、
英語くらい習わせようかと思って…」と、
おかあさんは言っていました。

それに応えようと、
英語も少しずつ覚え始めて、
ABCも早く書けるようになったと
喜んだばかり。

アルファベットのポスターを
何度も見ながら、
真剣に書いて…

できた時の笑顔を
このおかあさんは知っているのかな?

おかあさんに見せてあげたい。
おかあさんに見てもらいたい。

おかあさんに耳元で
『死ね』と囁かれ続けても、
おかあさんしか頼れずに、
認めてもらう手段を探して、
がんばっている子どもの気持ちを
考えたことがありますか?

横山 人美

Keep Smiling代表。
パーソナリティーコンサルタント。講演・セミナー講師。各種メディア執筆やテレビ出演なども。発達障害との前向きなかかわり方や、子育てに応用できる心理学をお伝えしています

個別コンサルティングのご案内

こんなご相談におこたえします
・子育て、勉強法
・お子さんの発達障害について
・大人の発達障害について
・いじめ問題
・職場の人間関係
・男女の心理について

※メール・メッセージでのご相談は受け付けていません。お電話、無料通話でのご相談は、メールにてご予約いただき、詳細をお伝えいたします。入金確認後のコンサルティングとなります。

個別コンサルティングのお申し込み・お問い合わせ

悩まれている方へ届くようシェアいただければ嬉しいです