子どもたちの大切な思い

「ヒラリー、今日これで教室終わり?」

「うん、終わりだよ…どしたの?なにか話したいことある~?」

「うん…!!」

1時間半のレッスンと同じくらい長い時間、つらい胸の内を話して涙ぐむ中1の女の子。

???

「センセー、メシ行きませんか?」

「いいよ~?」

髪の毛金髪にしてヤンチャしてた8年前の卒業生の男の子。

社会にうまく適応出来ず悩んで、引きこもって、久しぶりに出て来れた(*^^*)

一緒に勉強していた頃は、ノートなんかとったことなかったのに…

「今日は、センセーの言葉を逃したくないから、セブンでノートとペン買ってきた!」と…( *´艸`)?

よし、よし(笑)

???

そして、ピンポーン!

「ねぇ、今、ヒマ?」

「ごめ~ん、ヒマじゃない!夜、7時30分からなら大丈夫だよ~!」

と伝えたら、夜7時30分ちょうどにやって来てくれた…これまた、19歳の男の子(*^^*)

生きずらさを打ち明けながら、突破口を一生懸命探している。

手のひらには、つまずく直前の小学生の頃の元気だった自分の写真を持っていた。

たくさん話して、過去を責めず、これから1日1回…と、秘密の約束してみた( *´艸`)?

???

3連休。

偶然にも3人の子どもたちの大切な思いを聴かせてもらって…

ありがとう✨

悩んでいる人を、あまり励ましてはいけない…と言うけども、
3人の元気な姿を知ってるヒラリーは、やっぱり思っちゃう。

がんばれ!がんばれ!

負けるな!負けるな!