テスト20点が100点になるまで(その子にあった学習スタイルを見つける)~その1~

「先生、テスト何点だったと思う?」
「驚くなよ!100点!!」

満面の笑みとともに、マルが一面に咲いたテストを持って来てくれたのは、
「おれ、英語、全然わからん・・」と言いながら教室に来た野球少年でした。

中1の終わりを迎えるというのに、
教科書の英文には全てカタカナの読みがふってあり、ふってあっても読めない。
持ってきた英語のノートの表紙には、「English」と書いたつもりが「Endlish」とでっかく書いてある・・・アチャ~💦💦

「英語だけが苦手なの?」と訊くと
「ううん、おれ、勉強全部嫌い!」と、笑顔で返され(笑)

今まで勉強の習慣がなく、設定された1時間30分のレッスンを
「俺、そんなに長く勉強したら死んじゃうよ」と、これまた笑顔。

終了時間が近づくと、「はい!10分前行動ね!」と、さっさと片付け始め(笑)

なんて憎めない手強い子が来てくれたんだろう♡・・と、すごい衝撃が走ったことが、昨日のことのように思い出されます。

テストは良くて20点というこの子を迎え、さて、どこから手をつけたら良いのか?
まずは、この子をじっくり観察することから始めてみました。

つづく…🍀

横山 人美

Keep Smiling代表。
パーソナリティーコンサルタント。講演・セミナー講師。各種メディア執筆やテレビ出演なども。発達障害との前向きなかかわり方や、子育てに応用できる心理学をお伝えしています

個別コンサルティングのご案内

こんなご相談におこたえします
・子育て、勉強法
・お子さんの発達障害について
・大人の発達障害について
・いじめ問題
・職場の人間関係
・男女の心理について

※メール・メッセージでのご相談は受け付けていません。お電話、無料通話でのご相談は、メールにてご予約いただき、詳細をお伝えいたします。入金確認後のコンサルティングとなります。

個別コンサルティングのお申し込み・お問い合わせ

悩まれている方へ届くようシェアいただければ嬉しいです