母の日のプレゼント

ちょっと遅くなったけど…と、
息子が「母の日のプレゼント」を買ってきてくれました。

そんなこともできなかったの?…と思われるかもしれませんが、

ひとりで運転することも、
ひとりで寄り道することも、
ひとりでお店に入ることも、
上手に小銭を使うことも、
人とちょっとした会話をすることも・・

恥ずかしくて、
怖くて、
不安で、
手先が上手く使えなくて、
緊張して・・

時間がかかったり、あきらめたり、我慢したりしていました。

そんな息子がひとりでお店に行って「母の日のプレゼント」を買ってきてくれたのです!

学生から社会人になり、
紆余曲折の時期を経て、農園さんと今の職場に恵まれてから、
息子は変わりました。

周りの人に恵まれ、
自信をつけ、
笑顔が増え、
大好きな歌を歌い、
毎日を楽しそうに過ごしています。

時に、親でも挫けそうになる「発達障害の特性を受け入れる」ということ。

社会の中で息子と出会い、関わって下さる方のおかげで
「出来ることの幅」がグングン広がっています。

ありがとうございます。

そして、しゅうと。
ありがとう。

おかあさん、とってもうれしかったです(*^^*)